ホーム » 未分類

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

お薬との併用について

勃起不全を治療するための有効的なお薬として、世界的にも知名度の高いバイアグラですが、日本国内においては、必ず医師の診察を受け、処方箋をもらわないと利用できないお薬です。しかし海外では市販されている国も少なくないので、個人輸入で購入し利用されてしまう方も少なくありません。

しかしバイアグラは、血管拡張作用のあるお薬なので、一緒に服用してはいけないお薬なども存在しているのです。例えば、心臓のお薬として利用されてるニトログリセリンなどは、バイアグラと一緒に利用することはいけないと決められています。

このお薬を併用すると、血管が拡張しすぎてしまい、急激に血圧が低下するなど、危険な状態になる事もあります。ニトロについては、舌下錠、注射、貼り薬、吸入薬などがあるのですが、薬の形に限らず、すべてにおいて併用は禁止されています。

もしもバイアグラを処方される前に、狭心症を起こしたことがあるという場合、バイアグラの処後に、狭心症が起こると大変危険な状態になる場合もあります。狭心症を患った経験がある方、お薬を利用されている方、さらに治療を受けている最中という方は、必ず医師に相談してください。

また、狭心症に利用するお薬ではなくても、肩こりに利用する治療薬に硝酸剤、つまりニトロと同じような成分が含まれていることもあります。市販されているお薬にも似たような成分がありますので、バイアグラの処方を受ける前に、必ず利用しているお薬などを細かく説明する必要があります。

バイアグラは本当に効果があるのか

実際にこのバイアグラを利用していない方にとって、本当に自分のEDがなおるのかどうか半信半疑ではないでしょうか。勃起不全となっている方の状態はかなり強固なもので、どんなに興奮するような状態になっても、まったく勃起しない、もしくは勃起しても挿入に至るほどにならない、また、持続しないということがあります。

どんなに頑張って興奮したい、興奮しようと思っても、勃起できないという状態になっているので、バイアグラというお薬があるといっても、そんなものが効果あるのか?と疑心暗鬼になってしまうのです。それほど、EDという状態は男性に自信を失わせるものなのです。

バイアグラの有効性については、バイアグラを製造、販売している海外メーカーがその効果を実証しています。また、国内の病院、泌尿器科でも研究がおこなわれており、その結果、国内での有効率は80%という高い数値が出ています。

研究機関によって数値のばらつきこそありますが、いずれも高い有効率を誇っています。今、もし勃起できないということで夫婦間に問題があったり、これから結婚ということを控えて、大きな不安をお持ちの男性がいるのなら、バイアグラの処方に関して専門クリニック、また医師に、積極的に相談しましょう。

バイアグラとはどういう薬?

バイアグラというお薬が日本でも知られるようになって、皆さんはどういう印象をもたれたでしょうか。多くは精力剤とか催淫剤と同じようなお薬として認識されてなかったでしょうか。バイアグラは男性器を勃起させるというお薬なので、多くの方が誤解し、勢力回復剤的なものだと、嫌な言い方をするといやらしい目で見ていたと感じます。しかし、バイアグラはそういった精力剤的なものではなく、れっきとしたお薬であり、日本国内においては、医師の処方なしに利用する事ができないお薬なのです。

バイアグラというのは、「男性器の勃起状態を持続させる」というお薬です。女性と性行為に及ぶ際、男性が性的興奮を覚えるとき、脳が男性器に興奮を伝え、動脈を拡張し海綿体の平滑筋というところが弛緩し、海綿体に血液が入り込むことで勃起します。正常な勃起機能を持っている方は、このメカニズムが自然と怒るのですが、勃起不全「ED」の状態になると、自然とこのような状態にならないため、バイアグラを利用し勃起状態を持続させるのです。

バイアグラは飲んでから1時間程度でピークとなり、通常2時間から3時間くらい効果がりますが、その中で性的刺激、興奮が無ければ勃起状態になりません。そのため、バイアグラを利用すると常に勃起状態になるのではないかという心配は必要ないのです。

ED治療に用いられ、高い効果を発揮しているバイアグラについて、このサイトで詳しくお伝えします。精力剤だと勘違いしてきた方は、このサイトをよく読んでバイアグラについて知識を持っていただけたら幸いです。

毎日・一生服用する?

人によってはバイアグラは毎日のむものと思っていることがあります。このことに関してですが、バイアグラは絶対に毎日のまなければいけないという薬ではありません。風邪薬は風邪が治るまで毎日のむことがありますし、これと同様の考え方で、EDも治すためには毎日のまなければいけないと思っている人がいるようです。

バイアグラは性行為の1時間前に服用するものであり、性行為をしない日はのまなくても大丈夫です。また、性行為をする日であっても、調子が良ければ服用しなくてもかまいません。なお、連日性行為をするような場合に注意したいこととして、服用間隔があります。バイアグラは1日1回、次にのむまでは24時間以上の服用間隔にすることが大切です。

このほか、バイアグラは一生飲み続けなければいけないと思っている人がいます。たしかに、EDが良くなることがなく、それでも満足のいく勃起、性行為をしたいと思っている人は、一生続けなければいけないということはあり得ます。しかしながら、状態が良くなれば薬の量を少なくしたり、調子が悪い日だけバイアグラに頼ったりというようなことが可能になる日がくる望みはあります。ED治療のために通っている医師と相談し、バイアグラの服用のしかたを判断してもらいましょう。